紀州備長炭の品質

紀州備長炭(燃料用)窯出しの度に、燃焼(火力)テスト行います。

紀州備長炭で食材を焼く事は、例えば 正しく用いれば、焼肉などの「香ばしさ」と「旨味を引き出す」ことでしょう。紀州備長炭特有の遠赤外線効果により、 食材の旨味を最大限に引きだしてくれます。  同時に紀州備長炭の香しい匂いが、焼肉に移り、独特の風味に仕上げ 肉や魚、パンも確実に美味しくなります。

紀州備長炭の品質テスト

紀州備長炭の品質テストは、まず火お起しを使い燃焼させていきます。

紀州備長炭の品質テスト

赤く燃焼させて火種に使います。ガスコンロですると大体3?5分です。

紀州備長炭の品質テスト

1000度以上で焼けた炭は、火が付くと、再び1000度以上の環境をつくり出そうとします。その為、少し多めの火の付いた「ある程度火付きした炭の仲間」を必要としますので、初めに小さい目の炭を300g程度完全に真っ赤になるまで火付けし、その上に、パラパラと少しづつ乗せて、乗せた炭が全体に真っ赤になるまで待ちます。右の写真の状態になるまでに、数量に10分から20分です。

check4.jpg
備長炭特有の遠赤外線効果により、 食材の旨味を最大限に引きだしてくれます。  

同時に紀州備長炭の香しい匂いが、焼肉に移り、独特の風味に仕上げ 肉や魚、パンも確実に美味しくなります。